コータのアメリカコア日本サテライト投資

米国株投資を中心とした投資ブログ

長期投資のすすめ

バンガードと行く!積立投資の勉強会

 

バンガード/セゾン投信 共催セミナー

「バンガードと行く!つみたて投資の勉強会」に参加してきました。

 

内容としては、かなり投資初心者向けで、今から投資を始める方にも分かりやすい内容になっていたのではないかと思います。

 

詳しいセミナー内容は割愛するとして、今回のセミナーに参加させて頂いて改めて感じたことを書きたいと思います。

 

長期では株式のリターンは確実にプラスになる、という事実です。

 

セミナーの内容で、過去31年間における株式の最高・最低・平均リターンが取り上げられていました。

 

対象株式としてはMSCIワールド・インデックスという、全世界の中の先進国を投資対象とするインデックスが挙げられていました。

 

まず、最高リターンをあげた年のリターンは、54.8%。

 

そして、最低リターンをあげた年のリターンが、△51.6%

 

最後に平均リターンが、7.0%。

 

 

つまり、31年前にMSCIワールド・インデックスに投資し、31年間放っておけば、+7.0%の年平均リターンを得ることができたのです。

今の預金金利を考えると、とてつもないリターンですよね。

 

ただし、上記の通り、株価は短期的には大きく変動します。

 

株価が上がった年は約50%上昇し、株価が下がった年は約半分にまで下落しています。

 

この間、毎月一定額の積立投資をしているとすれば、どうなるか。

それは7.0%以上のリターンを得られたことになります。

 

なぜか。

 

それは一定額の積立投資を行うことで、株価が下がった時は、より多くの株数(口数)を購入し、株価が上がった時は、より少ない株数(口数)を購入することになり、自動的に安値のときにより多くの投資を行う結果につながるからです。

 

直近はPERが多少、過去に比べると高水準にあり、年率5%ほどのリターンが妥当な水準と考えられますが、それでも長期で保有することで、+5.0%のリターンが得られると予想されるのです。

 

逆に考えると、株式投資は1日や、数時間単位の値動きを追うために買うようなものではない、ということですね。

 

 1秒単位で結果が確認できる株式相場。

1日の値動きで一喜一憂してしまいがちですが、長期のスパンで結果を判断したいものですね。

 

こーた