コータのアメリカコア日本サテライト投資

米国株投資を中心とした投資ブログ

単元未満株を買ってみる

JR東海の株が欲しい

 

JR東海の株式が買いたいのです。

 

しかし高い。

高すぎる。

 

いくらなんでも1度に200万円超の株式を購入するのは、弱小投資家にはハードルが高すぎる。

 

というわけで、単元未満株を買うことにしました。

 

でもどこで買えばいいのだろう。

なんたって今まで単元未満株なんて買ったことがありません。

 

よし、調べよう!

そこは投資大好きっ子の血が騒ぎます。

 

そんな調査結果を今回は共有させて下さい。

 

まずは初心に帰って…

 

株式には単元があります。

 

アメリカの場合は基本的に1株から売買できますが、日本では多くの場合、単元株である100株が最低取引単位となります。

 

トヨタ自動車三菱UFJフィナンシャル・グループの単元は100株であり、通常証券会社で買い注文を入れる際は、100株の整数倍で取引するのです。

 

スタンダードとしては単元株での売買であり、通常証券会社が提示する売買手数料は単元株式を売買する時の手数料です。

 

しかし、例外的に単元未満株を取り扱う証券会社が存在します。

 

ぼくみたいな弱小投資家にとっては、ありがたい話です。

 

主な証券会社では全て取り扱いがあるようですが、検討の余地があるのは、

SBI証券

マネックス証券

カブドットコム証券

と相成りました。

 

それぞれ手数料は下記となっています。

SBI証券;約定代金の0.5%

マネックス証券;約定代金の0.5%

カブドットコム証券;約定代金2万円まで100円、以降1万円増加毎に67円加算

 

最近のJR東海の株価22,000円をベースに考えると、

①・②;110円

③;167円

となります。

 

しかし、調べるとカブドットコム証券には、単元未満株の積立サービスが存在し(その名もプレミアム積立(プチ株))、これを利用すれば、積立回数に応じて手数料が割引され、6回目以降はなんと半額になるようです。

また6回目までは、積立回数が1回増える毎に10%ずつ割引幅が増えるようです。

 

これをベースに考えると、5回目でカブドットコム証券が最も手数料が低くなります(167 X (100% - 40%) = 100)。

 

よし、これにしよう!

 

こうしてぼくは、プレミアム積立(プチ株)の発注を行ったのでした。

 

こーた