コータのアメリカコア日本サテライト投資

米国株投資を中心とした投資ブログ

『MOVE YOUR BUS』RON CLARK

教育者が語る組織論

 

ロン・クラーク氏の『MOVE YOUR BUS』を読みました。

 

Ron Clark氏はロン・クラーク・アカデミーの創設者であり、教師です。

 

28歳のときに、ディズニー社主催「全米最優秀教師賞」を受賞したことで有名だそうです。

 

そんな彼が著した書籍、『MOVE YOUR BUS』は、組織の構成員をランナー、ジョガー、ウォーカー、ライダーとドライバーの5種類に大別し、どのようにすれば効果的・効率的に組織を機能させられるか、これを換言し、いかに早くバスを走らせられるか、を説くビジネス書となっています。

www.moveyourbus.com

①ランナー;期待以上のことをやってのけるヒト

②ジョガー;できる範囲で仕事をするヒト

③ウォーカー;引っぱられないと動かないヒト

④ライダー;座っているだけのお荷物

⑤ドライバー;組織のリーダー

 

筆者であるロン・クラーク氏自身がドライバー(校長)であることから、ドライバー視点でどのようにランナーからライダーに接すれば、より早くバスを動かせるか、に焦点を絞った構成内容となっています。

 

正直なところ、結構辛口な視点で執筆されており(ある意味で彼自身とても正直に書いているのだと思いますが)、自分はとてもランナーではないと思っているぼくは、読んでいてなかなか辛い書籍ではありました。

 

ただ、そんなぼくなりに、今までの行動を振り返り、直さないといけないな、と思う部分がいくつか見つかったので、そういった意味で、やはり良書だと思います。

 

端的に言えば、いかにバス前進の推進役であるランナーに頑張ってもらえる環境を作るか、そこにバスの速度は掛かっているのだ。

そういうコトがこの書籍で訴えているところだと感じます。

 

ジョガーは、ランナーの刺激を受けて、できるだけ頑張れ。そしてランナーがしているつまらない仕事を引き受けてくれ。

 

ウォーカーはせめて、ジャマだけはしてくれるな。そして誰にでもできることを積極的にこなしてくれ。

 

ライダーは去れ。

 

上記は、あくまでぼくなりの解釈で、書籍のどこにもこのような解釈は記されていません。

 

が、確かに、その通りなんだと思います。

 

いやはや、なかなかツライところがありますね。

 

ぼく自身、会社の中で仕事をしていますが、組織の前進よりも、やはり自分自身の頑張りや達成感といったエゴイズムが中心になっていたな、と思います。

 

そういった意味で、自分のためではなく、組織の成功のために、自分が機能するように心掛けないといけないな、と思いました。

 

こーた