投資をギャンブルから金融リテラシーに変えるぞ実行委員会

コアマニア以外の投資家に向けたブログです

投資に対するみんなの見方が変わってきた

これも社会の変化の1つなんでしょう

 

最近すごい思うのが、投資に対するみんなの見方が変わってきた、ということです。

 

今までは、投資と言えば博打と同義語。

 

投資の極意は"安く買って、高く売る!!"

 

独特な専門用語が初心者のハードルを高め、やれテクニカルだ、チャートがどうだと、アレルギーを起こしそうになるのも理解できるほど、"投資"のイメージは異世界な雰囲気を醸し出していました。

 

ところが、ところが、

 

徐々にじょじょにではありますが、投資という資産形成が一般化しつつありますね。

 

とても良いことだと思っています。

 

こう言っては達観しているようですが、ぼくの見ていた投資の面をみなさんも見始めてくれたと勝手に理解しています。。。

 

そう、投資とは決して博打ではないのです。

 

誤解を恐れずに言えば、預金で持つか、投資で持つか、といった形態の違いでしかないのです。

 

もちろん間違った金融商品を買ってはいけません。

 

それこそ山のように、世間には金融商品がたくさんあります。

 

それはもちろん、販売者が『販売すること』で利益を得るために金融商品を組成することが多いですし、何の知識も無いヒトが個別株式を長期保有することも望ましくないです。

 

ですが、時代は発展し、パソコンやスマホで少し検索すれば、良心的な個人投資家の方々が書かれた、良質な投資情報がすぐに手に入る時代になりました。

 

そんな時代には、"いまこの株を買え!"、"この商品は絶対に儲かる!"といった射幸性をうたう文言は絶対に見つかりません。

 

良心的な情報ほど、末尾に"投資は自己責任でお願いしますね"とやさしく記載されています。

 

もはや儲けようという私心など、投資にはないほうが良いのです。

 

逆にインフレに対する備えであったり、円の減価に対する備えであったり、負けない投資、負けない資産運用が投資の本来的な性格なのです。

 

投資はこわい、投資は自分とは違う世界のこと、投資はなんだか面倒くさそう、、、

 

そう思っているあなた。それは多分本来の投資とはちがう側面を見ていますよ。

 

投資って、思っているよりも、ずっとシンプルなものだと思うんです。

 

こーた

 

関連記事です

これが俗にいう投機ですね

coreusa.hateblo.jp

 

相場はいつも右肩上がりではありません

coreusa.hateblo.jp

 

やはり1番大事なのは何のために投資するのか、という目的だと思います

coreusa.hateblo.jp