真心あふれる投資家になろう

弱小投資家がお届けする超マイナーブログです

コロナショックをどう受け止めるか

果たしてこの株価急落はコロナショックが原因なのか

 

株価が急落していますね。

 

f:id:cohtausa:20200313234814p:plain

 

コロナショックだ、コロナショックだ、とCOVID-19が悪者に仕立て上げられていますが、果たして本当に株価下落の原因はコロナウィルスなのでしょうか?

 

確かに人々の不安を煽っているのはCOVID-19が原因で間違いないでしょう。

 

しかしS&P500のPERが3月12日時点で14.0倍、PBRは2.7倍。

 

一方で日経平均株価のPERは10.8倍、PBRは0.8倍。

 

この数字を見てどう感じますか?

 

日本はコロナショックで割安水準まで下洛しましたが、米国は適正水準にまで戻ったと言えなくもないでしょう。

 

米国につられて(かつ下落時は幅が大きく)落ちる日本株と、常に強いアメリカ株。

 

COVID-19はアメリカ株にとっては、今までの割高感を解消する1つのきっかけに過ぎなかったのではないでしょうか。

 

翻って日本株はパニック的な売りが助長されている現状を否定できないです。

 

本当に日本株は弱いですね。

 

こーた

 

下落局面が終わってから、買い向かっても良い場合もあるのです。

あとになってしか分からないのがネックですが。

coreusa.hateblo.jp

 

○○ショックと言われる局面は、市場が総崩れするとき、つまり株式リスクが出現するときですね。

coreusa.hateblo.jp

 

下落局面で買うのは個別株か、ETF

coreusa.hateblo.jp