コータのアメリカコア日本サテライト投資

米国株投資を中心とした投資ブログ

期待していない状態で得られる情報の価値

情報を欲している状態と、突然降りてくる神の声

 

この情報が欲しい、欲しい。

 

そう思って情報を探すことがあります。

いわゆる能動的な欲求で、一般的な情報の探しかただと思います。

 

一方で、だれかと(特に友人・知人が多いでしょうか)最近ハマっていることや、興味のある話をしているときに、意外にもそのだれかから思わぬ情報がもたらされることがあります。

 

まさに AHA! となる瞬間です。

 

個人的に、このようなAHA!となるケースは、自ら能動的に情報を探索しているケースよりも、思わぬことから情報を得た場合の方が多い気がします。

 

思うにですが、"情報を欲している"という状態が、既に情報を待ち構えている状態なのです。

 

一方で、思わぬところから情報が得られるときは、得てして、情報を欲している状態ではなく、身構えていない状態なのです。

 

そういった意味で、あまり期待もせずに、テレビを見ていたり、新聞を読んでいたり、雑誌を流し見しているときほど、そして友人・知人と話しているときほどAHA!体験はやってきやすいのではないかと思います。

 

自分ではこれが1番効果的で、効率的な方法だと信じ込んでいて、今までの人生で、あるいはこの何年か、もしくは何十年か、同じ方法で繰り返しやってきたが、AHA!体験で、その方法よりも優れた方法が見つかることもあります。

 

結果論的にですが、視野が狭かったことになります。

 

できれば、そのような事態にならないために、アンテナを高くして、他の人とも積極的に交流を図り、自分とは異なる人と意見を交換することが大事なのだと思います。

 

たとえが変ですが、親が子供を育てるのも、ある意味では結構閉鎖的な空間で行われるのではないでしょうか。

 

こどもは一般社会の常識やルールを覚える前に、家庭でルールを学びます。

 

もし親も知らぬうちに間違った教育・育てかたをしていると・・・

のちのち大変なことになりますよね。

 

投資も同じだと思います。

 

結構孤独な趣味・プロセス・世界ですが、積極的に外部と接点をもち、視野を広げたいなと思います。

 

こーた