真心あふれる投資家になろう

弱小投資家がお届けする超マイナーブログです

長期金利の上昇と高PER銘柄の関係

金利が上昇すると株価は下がる

 

ハイテク銘柄の調整とともに、株価の乱高下が伝えられています。

 

f:id:cohtausa:20210307162733p:plain

背景には長期金利の上昇という説明がよくされています。

 

さて、なぜ長期金利が上昇すると高PER銘柄が下落するのでしょうか?

 

答えは、『企業価値は、その企業が将来生み出す価値を現在の価格に割り戻す』からです。

 

例えばTeslaの2022年の予想EPS(1株当たり利益)は$5.5です。

 

つまり株価が$600のとき、$5.5で割った109という数字がPERとなり、

 

株価は109年先の利益までを織り込んだ水準を意味することになります。

 

本当は$5.5の利益が永続的に続くわけではありませんが。。

 

一方でトヨタ自動車の2021年3月期の予想EPSは680円で、株価8,000円のとき、PERは12倍ということになります。

 

トヨタ 12年に対して、Tesla 109年ということで、Teslaの方がより長期的な企業価値、あるいは長期的な成長期待が、株価に織り込まれているのです。

 

しかし将来の利益はイコール現在価値とはなりません。

 

なぜならそこには利息というものが存在するからです。

 

1年後に利益100を得られる場合、金利0では現在価値も100(100÷(1+0%))になりますが、金利が1%の場合、現在価値は99(100÷(1+1%))となります。

 

企業Aと企業Bがあるとします。説明を簡単にするため、ざっくりいきます。

 

企業AのPERは2で、2年後までの将来価値が株価に織り込まれています。

企業BのPERは4で、4年後までの将来価値が株価に織り込まれています。

企業Aは1年後に50、2年後に50の利益を得る見込みです。

企業Bは1年後に25、2年後に25、3年後に25、4年後に25の利益を得る見込みです。

 

f:id:cohtausa:20210307164818p:plain

 

金利が0の場合は、いずれも将来得る利益の合計が100になるので、株価は100ということになります。

 

ところがここで金利が1%に上昇したとします。

そうなるとより将来に得られる利益に対する利益の割引率が大きくなります。

1年後の利益を割り戻すのは1.01ですが、2年後だと1.01の二乗となり、1.0201になり、同様に将来の利益の割引率がより大きくなるからです。これがいわゆる複利の効果です。

 

この計算に基づくと、金利1%のとき、企業Aの現在価値は98.5、企業Bの現在価値は97.5となり、企業Bの方が1%減少幅が大きくなります。

 

これが今のマーケットで起きていることになります。

 

長期金利の上昇の結果、企業価値が減少することになる。

さらにGrowth株と言われる高PER銘柄の方が下落率が大きくなる。

 

これらの反面、長期金利が上昇することで収益が伸びる金融セクターや、原油価格の上昇に伴いエネルギーセクターの株価は好調ですね。

 

 Teslaを含むハイテクセクターの調整が過剰なきらいはありますが、落としどころを探るマーケットではよくある調整ですね。

 

長期金利2%を想定すると、まだ下落する余地はありそうです。

いずれにしろ一括投資していなければ、致命的な傷ではないでしょう。

まだ株価に割高感もある気がしますが、末永くマーケットとお付き合いして行きましょう。

 

こーた

 

FANG+やNASDAQ100 をホールドするか、売るかは考えどころです

coreusa.hateblo.jp

 

やはり為替は105円未満が買いどころでしたね

coreusa.hateblo.jp

 

金利上昇はより高PER銘柄のほうがインパクトが大きいです

coreusa.hateblo.jp

FANG+のメリット・デメリット

究極のシンプルさが売り

 

FANG+指数の快進撃が止まりません。

 

f:id:cohtausa:20210228113123p:plain


直近、長期金利上昇でハイテク銘柄の調整が見られますが、そんな市場の動きも感じさせません。

 

上記が2021年2月末を基準にした直近の値動きですが、NASDAQ100だけでなく、S&P500をも上回っています。

 

FANG+の1番の強みはその構成銘柄の少なさと、今をときめくハイテク銘柄群にあります。

 

f:id:cohtausa:20210228113855p:plain

 

GAFAと呼ばれるGoogle(Alphabet)、Amazon.comFacebookAppleに電気自動車のTesla、動画配信のNetflix半導体設計のNvidiaSNSの巨人Twitter。これら米国8銘柄に加えて、中国IT大手のAlibabaとbaiduの計10銘柄で構成されます。

 

資産構成として、先物であるNYSE FANG+ IndexとETFであるVanguard Information Technology ETF、いわゆるVGTが含まれており、現物投資までのつなぎの役割を果たしています。

 

信託報酬が税込0.7755%となっており、近年の低信託報酬競争の下で、超低価格のインデックスファンドに比べるとかなり割高ですが、上記パフォーマンスを考えると甘んじて受け入れても十分お釣りがくることになります。

 

今をときめくハイテク銘柄による超シンプルな資産構成が最大の特徴である一方、比較的割高な信託報酬ですが、これらの長所短所を適切に踏まえると、違ったアプローチを取ることもできます。

 

それは自分でFANG+のポートフォリオを再現することです。

 

超シンプルな構成銘柄だからこそ、簡単に再現ができるのですね。

現在の米国株購入手数料0.495%(税込)を考慮すれば、信託報酬は1年も経たずに回収可能ということになります。

 

ただネックとなるのは最低購入金額が高くなる、という事実です。

 

1株当たり株価の最も高いAmazon.comをベースにすると、10銘柄で最低でも300万円近くの資金が必要ということになります。

 

つまりはこの金額以下での投資、あるいは四半期ごとの自動リバランスに魅力を感じるのであれば、iFreeNext FANG+に投資する価値は十分あるということになります。

 

逆に毎月この10銘柄に的を絞って、少額からでも調整しながら買い足して行けば自分だけのFANG+ Indexが出来上がるわけで、それもそれで十分楽しみながら投資できるのではないでしょうか?

 

まさに儲けではなく、楽しむというサテライト投資の醍醐味です。

 

2020年はTesla躍進の1年でしたが、直近はBiduやTwitterの株価上伸が著しいという事実も示唆に富みますね。

 

こーた

 

あくまでコアにすべきは全米インデックス(VTI)やS&P500だと思います

coreusa.hateblo.jp

 

NASDAQ100よりもFANG+がパフォーマンスに優れるという現実をどう受け止めるか

coreusa.hateblo.jp

 

FANG+は売るべきときには売らないといけないです

coreusa.hateblo.jp

米ドルが再び105円台に

$1=105円より円高は買いやすい水準

 

円安が進んできました。

 

直近では1月初旬に102.6円台まで円高が進みましたが、再び105円台になってきました。

 

f:id:cohtausa:20210207211557p:plain

f:id:cohtausa:20210207211919p:plain

 

1ヶ月で3円近く円安が進んでおり、なかなかのハイペースです。

 

長期金利が上昇しており、米ドルの魅力が増しているのが背景のようです。

 

やはりドルは強いですね。

 

105円よりも円高の水準であればドル転する良い水準だと思っていました。

 

また同様に、円建ての米国金融商品である投資信託ETFも比較的躊躇なく変える水準だと思っていました。

 

どこまで円安が進むのか分かりませんが、個人的には105円よりも円安であれば、今までに替えている米ドルを利用して米ドル建ての投資を行いたいと思っています。

 

長期金利が上昇するということで、できればBNDやAGGなどの米国債券の米ドル建て商品を積立購入したいところですが、弱小投資家にとって債券クラスの投資で取引手数料0.495%では高すぎてペイしないです。

 

できればBNDやAGGも早期に取引手数料が無料化になると嬉しいですね。

 

1656 iShares 米国債ETFも良い商品だと思っているのですが、円建商品なので為替で動いてしまうという難点があります。今後も円安が進むと見るのであれば良いのでしょうが、、、個人的には為替で相場を張りたくないのです。。。

 

コロナが快方に向かう限り、米国債券の利回りは上昇する方向しか考えづらいので、100円〜106円台の水準で、淡々と円を米ドルに替えて行きたいと思っています。

 

こーた

 

 

2020年7月にも似たようなことを言っていました

coreusa.hateblo.jp

 

潜在価値という意味では円よりも米ドルだと思っています

coreusa.hateblo.jp

 

本音を言えば、米ドルよりも米国株に投資したいです。あくまでドルは通過点

coreusa.hateblo.jp

武士道ジェネレーション

武士道 in 投資の世界 

 

 久々に誉田哲也さんの武士道ジェネレーションを読みました。

 

誉田さんの「武士道」シリーズの大ファンなんですが、久々に読み返すと前に読んだ時と随分感じ方が違いました。

 

f:id:cohtausa:20210207153106p:plain

books.bunshun.jp

 

こんなことがあるから、良作は忘れた頃に読み返すのも良いなと思います。

 

本作品で武士道とはこのように表現されています。

 

『世のためを思い、他人を敬い、精進を怠らない』 

 

 悠太じゃないですけど、本当に良いなって思います。

 

もう1つ

 

『人はなぜ生きるのか。その答えに万人がうなずけるようなものはないのではないでしょうか。そうだとすると、なぜ生きるのかではなく、どう生きるのか。誰のために生きるのか。そう考えてみてはどうでしょうか』

 

投資も勝負の世界と同じで、結果が一目瞭然です。

 

値段が上がったり、下がったり。

 

損したり、得したり。

 

元本が2倍になることもあれば、半分になることも。

 

でも大事なのってそういうことなんですかね。

 

それよりも何年も持ち続けて、会社とともに成長を享受して行く、あるいは経済とともに成長していく。

 

そういうことが大事じゃないかと思っています。

 

リスク管理という意味で何%下がったら売るとか、業績が自分の想定していたラインを下回ったら売るとか、そういうことも大事だと思います。

 

でも基本的にそいうった可能性もない企業、あるいは広く分散された投資信託ETFを投資するほうが僕の信念には合っている気がします。

 

そして市場平均に勝った負けたとか、得した損したとかではなく、市場とともに、あるいは社会とともに未来に向かって歩いて行く。そういうことが大事なんじゃないかなと思うのです。

 

何に投資するかではなく、どのように投資するか。

 

得するために投資するのではなく、経済とともに成長するために投資する。

 

そんな考え方もあっていいのではないでしょうか。

 

こーた

 

 

実際に武士道にある金銭的価値観です

coreusa.hateblo.jp

 

 守・破・離も僕に取って好きな成長方法です

coreusa.hateblo.jp

 

 人はなぜ生きるのか、本当に究極の問いですね

coreusa.hateblo.jp

負けて初めて勝つことの喜びを知る

石川佳純さんとラグビー天理大学に感動する

 

負けることの意味を知っているからこそ勝つことの喜びが分かる

 

負けることを経験して初めて勝つことの意味を理解することができる

 

f:id:cohtausa:20210117214558p:plain

 

全国大学ラグビー天理大学、全日本卓球選手権の石川佳純選手に感動しました。

 

ラグビー天理大学早稲田大学を圧倒しました。

 

特に試合後の松岡主将のインタビューが印象的でした。

 

試合後のインタビューとは思えない、その声量の大きさにまずは驚きましたが、誠意ある人柄が伺えるインタビュー内容でしたね。

 

卓球は伊藤美誠さんが主導権を握る展開でしたが、石川選手が逆転しました。

 

素人目にも分かるくらい、石川さんが徐々に伊藤さんの卓球に適応する、というか順応して、的確に球を打ち返すようになっていきました。

 

プロフェッショナル 仕事の流儀で石川さんの密着取材が放映されていましたが、このときは伊藤選手、平野美宇選手に次ぐ3番手から個人代表の2枠を争うという内容でした。

 

しかし17日の決勝では、まさに日本一の選手というこを証明する試合内容だったと思います。

 

スポーツの世界には勝者のプレッシャー、気負いというのは確かにあるのだと思います。

 

勝って当然、勝つのが当たり前、○○連覇。。。

 

その一方で、チャレンジャーは負けてもともと、いっちょやってやろう!、という勢いがあり、(あくまで)上位者に比べるとプレッシャーは薄いのだと思います。

 

石川選手のように一時代を築き、勢いに陰りが見える中で一時は他の選手にリードされながらも、今回のように再び優勝を果たすには、想像を絶するプレッシャーや苦悩、葛藤があったと思います。

 

フィジカルはもちろんのこと、メンタルも相当克服できないと今回の優勝はなかったでしょう。

 

トップアスリートにもなると、みなスキルの差はごく僅か、むしろないに等しい世界で、あとはいかに精神力が強い人が勝者になれる、と言われる所以が分かる気がします。

 

投資の世界で勝った・負けたと騒ぐのはギャンブラーのやることで、長期投資家がすることではないのですが、個別株投資を行う人は必ず市場平均や、損益という観点では勝った・負けたが付いて回ります。

 

負けを知ることで勝つことの喜びを知る。

 

感動を与えてくれたスポーツ選手たちに敬意と感謝を表したいと思います。

 

ありがとうございました。

 

こーた

 

 

投資はスポーツと違い、平均(負けないこと)を狙うことも可能です。

coreusa.hateblo.jp

 

米国株が優位なのは過去が証明しています。

coreusa.hateblo.jp

 

コロナ禍を経て強くなった石川選手は本当にすごいですね

coreusa.hateblo.jp

 

 

11月19日のNTTドコモ株の値動き

急激な出来高増と株価下落の裏には・・・

 

 

11月19日のNTTドコモ株の値動きに驚きました。

 

終値は前日比26円安(△0.67%安)の3,866円となったのです。

 

しかも出来高は前日比11倍となり、売買代金は実に2,300億円に上り、東証トップとなりました。

 

f:id:cohtausa:20201121171015p:plain

 

TOBの買付期間も終わったこのタイミングで何が起きたんだろうと調べてみると、おもしろい事実が判明しました。

 

その背景は、インデックスファンドによる売却でした。

 

インデックスファンドは原則としてTOBには申し込まないようなのです。

 

ソースは日経です。

www.nikkei.com

 

日本経済新聞社日経平均株価からドコモを除外すると発表したのが11月18日。

 

つまり11月19日のドコモ株の売却は日経平均に連動するインデックスファンドが行ったものだったのです。

 

これが原因で、終値付近で大量の売り注文が発生し、価格が急落したことになります。

 

日経平均株価に占めるNTTドコモのウェイトは0.06%ほどと僅少です。

 

ちなみにTOPIXにはまだNTTドコモが残っており、整理銘柄に指定後、TOPIXの構成銘柄からも除外されることになります。

f:id:cohtausa:20201121174934p:plain

ちなみにTOPIXに占めるNTTドコモのウェイトは1.2%となっており、日経平均よりもインパクトが強くなることが予想されます。

 

市場にはまだまだ知らないことがたくさんありますね。

 

現在の株価は買い取り予定金額3,900円から若干乖離しており、今後の勉強のためにも買い戻し請求を実際に体験してみようかと考えています。

 

上場株式ではなく、一般株式の取扱となるため、上場株式とは損益通算ができないなど、こちらも色々と知らないルールがありそうですが、これも勉強です。

 

いやー、ほんと投資の世界は奥深いですね。

 

こーた

 

 

 NTTによるNTTドコモの完全子会社化。なかなか秀逸だと思います

coreusa.hateblo.jp

 

 NTTはドコモ子会社化の最中でも自社株買いを発表

coreusa.hateblo.jp

 

優良子会社であればあるほど、上場子会社は親会社にとって非効率です

coreusa.hateblo.jp

インデックス投信が純資産ランキングで上位になる世界

日本は投資発展途上国

 

 

信頼できる投資信託かどうかを評価する基準として、パフォーマンスだけでなく、いくつか確認すべき項目があります。

 

f:id:cohtausa:20201119235136p:plain

 

1番に思いつくのはコスト=信託報酬です。

 

信託報酬は低ければ低いほど良いです。

 

インデックス投信が浸透してきた昨今ではもはや当然の前提となっています。

 

次に思いつくのはトラッキングエラー。

 

連動対象となるインデックスと投資信託のパフォーマンスの差です。

 

もし日経平均が1%上昇したのに、日経平均に連動するインデックス投信が0.5%しか上昇しなければ、パフォーマンスが劣後しており、うまく運用できていないことになります。

 

個人的に信託報酬もトラッキングエラーも良いのですが、1番の評価基準となるのは純資産の額だと思います。

 

つまりはその投資信託の規模ですね。

 

純資産は大きければ大きいほど良い。これは自明です。

 

純資産を増やす方法は2つ。

 

①みんなが新規で購入すること

②運用により資産規模を増やすこと

 

そして更に大事なのは長い間、純資産ランキングの上位にいることです。

 

日本の投資信託純資産ランキングの上位の顔ぶれは今まで短期間でコロコロ変動するのが常でした。

 

まるでどこかの国の首相のように。

 

そして、ランキングの上から下まで全てアクティブ運用の投資信託が並ぶのです。

 

こんな状況では、この国はまだまだ投資後進国と言わざるを得ません。

 

何十年とインデックス投信が上位ランキングに位置する、そんな時代が理想です。

 

そんな時代がくれば、投資初心者も迷うことなく、とりあえずこれを買っておけば良いんだな、と思えるのです。

 

www.nikkei.com

 

日経に『米国・先進国株インデックスが人気』という記事がありました。

 

日経の投信純資産ランキングを見ると、インデックス投信で最初に登場するのは42位のニッセイ外国株式インデックスファンドです。

 

今回の日経記事に掲載されているような投資信託が純資産ランキング上位の常連となるような時代を早く実現させて、投資先進国の仲間入りを果たしたいですね。

 

こーた

 

 

自国のインデックスが上位でないのは寂しいですが、世界の中の日本はそれほど強くないのです

coreusa.hateblo.jp

 

カントリーファンドなんてあったらおもしろいでしょうね

coreusa.hateblo.jp

 

投資信託はリスクを抑えた素晴らしい投資商品だと思います

coreusa.hateblo.jp