コータのアメリカコア日本サテライト投資

米国株投資を中心とした投資ブログ

『チャールズ・エリスのインデックス投資入門』

チャールズ・エリス氏の余韻に浸りながら

 

チャールズ・エリス(Charles Ellis)氏の「チャールズ・エリスのインデックス投資入門」(The Index Revolution)を拝読しました。

 

今回はその書評も兼ねて、最近のマーケットについて、思うところを書かせていただきます。

 

・マーケット取引の9割以上はプロ(機関投資家)の取引である。

 

・つまり株価は多数のプロがつけた企業価値のコンセンサスである。

 

・情報開示ルールが整備されるとともに、機関投資家(投資のプロ)の情報収集力(≒開示ルールの整備)・投資判断のスキルが向上することで、経済の事象・ニュースは即座に株価に織り込まれる。

 

印象的だったのは、上記のポイントです。

 

要は、投資の素人が、とある企業の株価が割安だ・割高だといって取引するのは、プロのコンセンサスに対してケチをつける・けんかを売るようなものである、ということだと理解しました。

 

…なるほど。

 

またMr. MarketMr. Valueのお話もおもしろかったですね。

 

Mr. Marketは人々を誘惑するマーケットの一面で、様々なニュースで上下する株価を武器に様々なヒトを行動に駆り立てる側面。

 

一方でMr. Valueは目立たない裏方で、黙々と適切な企業価値を反映し続ける側面。

 

短期的には乱高下する株価で短期売買を誘引するMr. Marketと、長期的には経済実態を適切に反映するMr. Value

 

Mr. Marketではなく、Mr. Valueと上手く付き合っていきたいですね。

 

ひるがえって最近のマーケットです。

 

高止まりしている水準とは言え、過熱感もなければ、悲観論もない。

 

あふれそうで、あふれない、表面張力が働いた株価水準のようですが、Mr. Valueの目で見れば、日進月歩で会社の収益力が向上する、日々の適切な経済実態を反映した水準なのかもしれません。

 

Mr. Valueと付き合うためには、Mr. Marketから付き合い始めないといけない。

なんとも奇妙な因果関係ですが、日々これ淡々とインデックスから入っていく、という付き合い方がやはり最適なのでしょうか。

 

こーた