『成功の要諦』 稲盛和夫著

生きる目的

 

京セラの創業者であり、KDDIの創業者でもある。そして経営再建時のJAL会長を務めた稲盛和夫氏。

氏の講演内容を活字化したのが本作品となっています。

 

online.chichi.co.jp

 

中国においても絶大な人気を誇る稲盛氏は、もはや実業家というよりも、ヒトの道を極めた人間といえるのかもしれません。

 

『人は何のために生きるのか』

 

『一回しかない人生をどう生きるのか』

 

『人生の目的とは何なのか』

 

『一所懸命働くことの意義は?』

 

『どうすれば心を高め、魂を磨くことができるのか』

 

『ありがとうの意味とは』

 

『動機善なりや。私心なかりしか』

 

『すべてのものには存在する意味がある』

 

 

日本人は宗教・教典に触れる機会が非常に少ないと思います。

 

他方で哲学という分野を学ぶ機会も非常に限られています。

 

人はなぜ生きるのか。人は何のために生きるのか。

 

そんなことを考えるきっかけにしてくれる書籍だと思います。

 

経営学の本ではありません。

 

人としてどう生きるのかを考えさせられる本です。

 

1度だけでなく、何度読み返しても良い本だと思います。むしろ折りをみて読み返す必要がある書籍でしょう。

 

最後に六波羅蜜を引用させて頂きたいと思います。

 

『布施;世のため人のために尽くすこと』

 

持戒;人間として何が正しいのかと問い、その正しいことを貫き、してはならないことはしないということ』

 

『精進;一所懸命に誰にも負けない努力で働くこと』

 

『忍辱;苦しいこと、辛いことを耐え忍ぶこと』

 

『禅定;心を静かにすること』

 

こーた